退職された方へ

自分自身の入院や手術にそなえる「終身型の医療保障」の見直しや保障期間の確認が必要となります。